MENU

残高スライド元利定額返済方式とはどのような返済方法なのでしょうか?

プロミスでは返済方法として、残高スライド元利定額返済方式を採用しています。カードローンの返済方法には元利均等返済方式と元金均等返済方式の2種類があるのですが、残高スライド元利定額返済方式はどちらとも異なる返済方式になります。残高スライド元利定額返済方式は、元利均等返済方式と元金均等返済方式の2種類をミックスした返済方式です。返済時の元本に対して定率をかけることにより最低返済額が段階的に決定されるのが、残高スライド元利定額返済方式の仕組みなのです。

 

返済が長期化しやすいというデメリットがあります

 

残高スライド元利定額返済方式では月々の返済額を少額に抑えることができますので、利用者は無理のない返済を行うことができるというメリットがあります。その一方で返済を続けてもなかなか借り入れの元本が減らないため、返済が長期化しやすいというデメリットがあるのです。このメリットとデメリットは表裏一体となっていますので、残高スライド元利定額返済方式によるメリットとデメリットのどちらが大きいのかを、あらかじめしっかりと考えておくことが必要になります。

 

繰り上げ返済を積極的に利用しましょう

 

残高スライド元利定額方式のデメリットとして、返済が長期化しやすいということがあげられます。これは月々の返済額の大半が利息の支払に充てられて、借り入れの元本がなかなか減らないということが理由となっているのです。借り入れ元本を減らすためには繰り上げ返済の活用が効果的です。繰り上げ返済を活用すれば返済額の全額が元本の返済に充てられますので、支払総額を減らして早期の完済を目指すことができます。残高スライド元利定額返済方式を正しく理解して、早期の返済を心がけるようにしてください。

 

返済に遅れそうな場合には自分から連絡をするようにしましょう

 

プロミスへの返済が遅れてしまいそうな場合には、必ず自分からプロミスに届出を行うことを心がけてください。何の連絡もなくいきなり返済を滞らせてしまうと、個人信用情報機関に延滞の履歴が登録されてしまうことになります。その後の借り入れの利用などに影響を及ぼす場合などもありますので、無断で延滞などをしないようにくれぐれも注意をしてください。カードローンは手軽で便利な金融商品なのですが、あくまでも借金の一種になりますので自覚や責任を持って利用することを心がけるようにしましょう。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス