MENU

プロミスの審査に落ちてしまう理由について確認してみましょう

プロミスに申し込んで審査に落ちてしまった場合には、なぜ審査に落ちてしまったのか理由が知りたくなるはずです。実際に理由を尋ねても教えてもらうことはできないのですが、これまでにプロミスに申し込んだ人のデータなどから理由を推測することができます。審査に申し込んでも落ちてしまう人には共通した一定の傾向がありますので、審査に通過するためにはこれを改善することが必要なのです。また短期間で再度申し込んでも審査の結果は変わらないというデータもあります。一度プロミスの審査に落ちてしまったという人の場合にはまずは状況をしっかりと整えて、前回の申し込みから半年程度が経過したことを確認してから再度申し込むようにしてください。

 

安定した収入の条件が審査に通過するためのポイントになります

 

プロミスの利用条件は20歳から69歳までの安定した収入のある人となっています。プロミスの審査に通過するためには「安定した収入」の条件を満たすことが必要です。安定した収入については年収の額よりも職業の種類が重視されるようです。公務員や大企業の正社員であれば審査の際に有利になりますが、非正規雇用である契約社員・契約社員・パート・アルバイトなどの場合には若干不利になってしまいます。また自営業やフリーランスなどの場合には、安定した職業であると認められないことがあるようです。ただし自営業者やフリーランスなどであっても安定した収入があることが認められれば審査に通過することができますので、審査に申し込む際には収入を証明することができる書類(源泉徴収票・確定申告書・収入証明書など)を準備しておくことをおすすめしたいと思います。

 

個人の信用に基づいて融資の可否が判断されることになります

 

すでに複数の金融機関からの借り入れを利用している人や過去に延滞などの履歴がある人の場合には、信用が低く評価されてしまうため審査に通過することが難しくなってしまいます。またプロミスには貸金業法による総量規制が適用されますので、総量規制により年収の3分の1を超える借り入れは認められません。すでに他社借り入れの累計額が年収の3分の1に達している人の場合には、プロミスに申し込んでも審査に通過することはできないのです。プロミスの審査に通過するためには安定した収入の条件が重視されるのですが、実際の審査では個人の信用に基づいて総合的に融資の可否が判断されることになります。審査に落ちてしまうという人の場合には、借り入れ状況や利用履歴などに問題がある場合が多いようです。複数の金融機関からの借り入れを利用している人の場合には、まずはできる限りこれらを返済してしまうようにしましょう。また確実な返済の履歴を積み重ねて信用を獲得することが重要になります。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス