MENU

複数借り入れの一本化にはプロミスのおまとめローンがおすすめ

プロミスのおまとめローンを活用すれば、複数の借り入れを手軽に一本化することができます。プロミスのおまとめローンには次のような特徴があります。

 

  • 利用限度額は、借換えの対象となる複数借入の合計額の範囲内になります。
  • 総量規制の例外となりますので、年収の3分の1の制限は適用されません。
  • 契約時において借り入れを行います。その後の追加借り入れなどはできません。
  • 銀行借り入れやクレジットカードなどは借換えの対象外です。

 

これらの特徴はおまとめローン全体の特徴であるともいえるのですが、一部についてはプロミスならではの特徴になります。おまとめローンの場合には総量規制の例外となりますので、すでに年収の3分の1に達する複数借り入れを行っている人であっても問題なくおまとめローンを活用することができるのです。

 

さらにプロミスならではの特徴としては、追加借り入れができないことがあげられます。またプロミスの場合にはおまとめローンは店頭または自動契約機からの申し込みになりますので、インターネットからおまとめローンに申し込むことはできません。さらに利用できる対象が限定されていますので、通常の銀行借り入れやクレジットカードなどについては借換えの対象外になります。

 

プロミスが他社借り入れの返済を行います

 

一般のおまとめローンを活用する場合には、まずはおまとめローンを提供する金融機関から利用者への融資が行われて、その後利用者本人が他社借り入れの返済を行うことになります。プロミスの場合にはプロミスが直接他社借り入れの返済を行いますので、利用者は他社借り入れの返済手続きを行う必要はありませんし、また振込みなどの手数料を支払う必要もありません。面倒な返済手続きを省略することができますので、利用者はプロミスへの返済のみに集中することができるのです。

 

お金を使い込んでしまう心配もありません

 

プロミスの場合には他社借り入れに対してプロミスが直接返済を行います。一般のおまとめローンのように返済のための資金が一時的に利用者に振り込まれることはありませんので、ついつい手元のお金を使い込んでしまうという心配などはありません。借金の一本化を確実に行うことができますので、早期の完済を目指して返済に専念することができます。

 

プロミスのおまとめローンを利用する際には注意が必要です

 

このようにプロミスのおまとめローンには様々なメリットがあるのですが、一方でデメリットもあるため利用の際には注意が必要になります。特に次のようなポイントにはくれぐれも注意をしてください。

 

  • 借換えの対象が限定されています。
  • 借換えの対象となる他社借入額の合計を超える借り入れは認められません。
  • 借換え後の追加の借り入れなどは認められません。

 

プロミスならではの特徴については、利用する人によってはデメリットと感じることがあるかもしれません。特に銀行からの借り入れが借換えの対象とならないことには注意が必要です。借り入れの種類が多い人は事前に借り入れシミュレーションなどを活用して、どの程度返済の負担を軽減することができるのか確認するようにしましょう。また追加の借り入れなどは認められませんので、おまとめローンを活用すると一時的に生活への負担が大きくなってしまうかもしれません。ただし複数借り入れの利用を続けていると最終的には多重債務で返済不能に陥ってしまう可能性が高くなりますので、やはりおまとめローンを活用して状況の改善を目指すことをおすすめしたいと思います。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス