MENU

主婦でもプロミスを利用することはできるのでしょうか?

家計をやりくりする主婦の場合には、「今月は生活費がちょっと足りない」「どこかからお金を借りることはできないだろうか」などと考えることが多いのではないでしょうか。そんなちょっとした家計のピンチにプロミスを利用することができれば大いに役立つのですが、プロミスに申し込むことができるのは「安定した収入がある20歳から69歳までの人」となっていますので、自分自身の収入がない専業主婦の場合にはプロミスを利用することはできないのです。

 

内職などの収入があればプロミスを利用することはできるのでしょうか?

 

専業主婦の場合には自分自身の収入がないためプロミスに申し込むことはできないのですが、それでは内職などをしている場合はどうなのでしょうか。内職の場合には収入の金額が少なくなりますので、安定した収入の条件を満たすことは難しいといえるでしょう。ただし在宅ワークなどのように一定以上の収入を継続して得ているのであれば、プロミスを利用することができるかもしれません。

 

専業主婦がどうしてもお金を借りたいのであれば

 

専業主婦がプロミスを利用することは認められません。どうしてプロミスを利用したいのであれば、配偶者に相談をして配偶者の名義で申し込みを行うことになります。

 

一定の収入があれば主婦でもプロミスを利用することができます

 

パートやアルバイトなどによる一定の収入があれば、主婦であっても問題なくプロミスを利用することができます。主婦がプロミスの利用を希望するのであれば、まずはパートやアルバイトでもかまわないので働くことが必要なのです。

 

なぜ専業主婦はプロミスを利用することができないのでしょうか?

 

プロミスを利用するためには「安定した収入」の条件を満たすことが必要になります。仕事をしていない専業主婦の場合にはこの条件を満たさないため、プロミスを利用することはできません。またプロミスには貸金業法に基く総量規制が適用されます。総量規制は借り入れができる限度額を最大で年収の3分の1までに制限する規定です。年収が0円の人の場合には認められる借り入れ限度額も0円になりますので、やはりプロミスを利用することはできないのです。ただし銀行系のカードローンであれば総量規制の適用対象外となりますので、専業主婦であってもカードローンの利用が認められるかもしれません。専業主婦がカードローンの利用を希望するのであれば、銀行系カードローンへの申し込みを検討してみてください。

 

銀行系カードローンには総量規制は適用されません

 

銀行系のカードローンであれば、専業主婦であっても配偶者の収入に基づいて融資が受けられる場合があるようです。ただしその場合には配偶者の収入について審査が行われることになりますし、また実際に審査を受けるためには配偶者の同意書が必要になります。さらに利用限度額は通常のカードローンよりも低めに設定されることになります。実際に申し込む前に利用条件や利用限度額などについてしっかりと確認しておくようにしましょう。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス